ミル付全自動コーヒーメーカー NC-A56で美味しさを堪能!

家電製品

あなたはどんな風にしてコーヒーを淹れていますか?

最初はインスタントコーヒーを飲んでいた人でも、挽き立てで淹れ立てのコーヒーをコーヒーショップで飲むと、”コーヒーってこんなに美味しいのか!”

って思うときがありますよね。

こんなコーヒーを飲みたいと思って、コーヒー粉を買ってきても美味しく飲めるのは最初のうちだけ。

開封すると比較的早くコーヒー粉の酸化が進み、香りが落ちて美味しくないコーヒーになってしまうことを経験していませんか。

コーヒーを美味しく飲むには、何といっても挽き立ての粉で淹れ立てを飲むことです。

このとき必要なのが、ミル付のコーヒーメーカーです。

ミル付のコーヒーメーカーは安いものだと、1万円以下でも買えますがミル付き全自動となると2~3万円のものが主流となっています。

手頃な価格で美味しく飲め、使いやすいコーヒーメーカーはないかと探したところ、コスパのいいものが見つかりました。

「パナソニック沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A56」です。

リーズナブルな価格なのに、挽き立ての本格的なコーヒーが飲める上に、使い勝手も悪くないのがNC-A56です。

ミル付全自動コーヒーメーカーを使ってみて、使いやすい、手軽に香り高いコーヒーが楽しめることが分かりましたので、コーヒーメーカーを検討している方は参考にしてみてください。

●ミル付全自動コーヒーメーカー NC-A56で香り高いコーヒーを!

ミル付全自動コーヒーメーカーNC-A56-K

美味しいコーヒーの条件は、やはり香りと味。

その両方を上手く引き出してくれるのが、パナソニックのミル付全自動のコーヒーメーカーです。

豆を挽く音がうるさく気になるという方もいますが、時間にして20秒程度、美味しさの代償と考えれば少しは気にならなくなるのではないでしょうか。

香り高く自分好みのコーヒーが飲めることはもちろんのこと、豆の挽き加減や味の切り替えができるのでコーヒーを幅広く楽しめます。

いままでは行ったことのないコーヒー豆専門店に行って、自分が飲んでみたいと思うコーヒー豆も選べるようになりコーヒーの楽しみ方が更に広がるのもリッチになった気分です。

●忙しい朝でも挽き立てのコーヒーが飲める

仕事に出かける主人のために朝食後のコーヒー淹れは、時間的にあわただしくなるので挽き立てのコーヒーは止めてインスタントにするということはありませんか。

でも、このコーヒーメーカーさえあれば、忙しい朝でも挽き立て、淹れ立てのコーヒが出せるのでご主人も満足しています。

●本格的で手入れがしやすい

本格的なコーヒーを飲むには、ミルとコーヒーメーカーを別々にする方法もあるけれど、

挽いた後コーヒーメーカーに移すとき粉がこぼれて結構面倒くさいもの。

ミル付なのでコーヒー豆を入れて、水を入れボタンを押すだけで香りのいいコーヒーが飲めるのが最高です。

コーヒー豆を入れて、水を入れボタンを押すだけで香りのいいコーヒーが飲めるのが最高。

また、ミルの洗浄も自動で行うので使い勝手も簡単です。

●コーヒー豆を選ぶ楽しみが増えた

淹れ分けはマイルドとリッチの切り替えができ、さらにパーツを取り替えることで豆の挽き加減(中挽き・粗挽き)が選べるので、4種類のコーヒーが楽しめてコーヒーの世界が広がります。

豆の挽き分け

また、ガラス容器に酸味コントロールが付いていて、ストレートとソフトが選べますので、さらに違う味も楽しめます。

コーヒー豆から淹れることができるので、コーヒー豆専門店に行って自分の好きなコーヒー豆を選ぶ楽しみも増えますよ。