クイジナートのコーヒーメーカーはミル・タイマー付きで全自動!

台所でコーヒーを飲む 全自動コーヒーメーカー おすすめ

コーヒーメーカー、ミル付き全自動は確かに簡単で便利ですが、さらにタイマー機能があればいいなと思ったことはありませんか?

「全自動のミル付きのコーヒーメーカーでタイマー付きなんて聞いたことがない?」

と思われるかもしれません。

ところが、タイマー付きのニーズを商品にしているものがありました。

それはクイジナート(Cuisinart)のコーヒーメーカーです。

クイジナート社は1973年、アメリカで誕生したキッチン用品メーカーで、コーヒーメーカーの他にもブレンダー、フードプロセッサーなどを作っています。

アメリカではとてもポピュラーなメーカーです。

タイマー機能付きのコーヒーメーカー、ミル付き全自動のものを探している方にとっては朗報と思いますので、調べた結果を紹介します。

●【クイジナート】12杯用全自動コーヒーメーカーミル・タイマー付き

クイジナート12-cup オートマチックコーヒーメーカー ミル・タイマー付き全自動 DGB-900PCJのポイントは次の5点です。

・10杯以上抽出できるコーヒーメーカーだが、少抽出も可能

ミル付きのコーヒーメーカーなので、豆挽きから抽出まで自動的にやってくれます。

2杯分から最大12杯分までコーヒーを抽出できるだけあって、一回り大きいといった感じです。

コーヒーメーカーといえば、4~5杯程度抽出するものが多いですが、このコーヒーメーカーは何と12杯まで抽出することができるので、職場などでも使えます。

でも、少抽出機能を使えば2~4杯分を淹れることもできるので、家庭用にも使えます。

・タイマー機能付き

さらに、すばらしいことはタイマー機能が備わっていることです。

全自動なので、タイマーを夜にセットしておけば、朝豆を挽いてコーヒーを抽出するのでいい香りの中で目覚めることができます。

タイマー機能があるからこのコーヒーメーカーを購入したという方もいるほどです。

・3段階の濃度設定ができる

コーヒーの濃さは濃い目の方がいいという人もいれば、あまり濃くない方がいいという人もいて様々です。

このコーヒーメーカーは、マイルド・ミディアム・ストロングの3段階でお好みの濃度が選べます。

・人気のステンレス保温サーバー

真空二層式のポットなのでしっかり保温し、風味を損ねません。

ガラス製と違って割れる心配もなく、高級感もあります。

・ゴールドトーンフィルター

紙フィルターの場合は紙のにおいがついたり、コーヒーの油脂分が上手く抽出できない場合がありますが、メッシュのフィルターがついていますので豆のうまみを保ち美味しいコーヒーが楽しめます。

抽出後に捨てるのが楽なように紙フィルターをゴールドトーンフィルターに重ねて使うこともできます。

●クイジナート12杯用全自動コーヒーメーカーを使ってみた感想

・全自動でたくさん淹れられる

全自動でタイマー付きなので、夜セットしておけば寝起きに直ぐにコーヒーが飲めるのがたまりません。

たくさん淹れられるので、保温マグに入れて職場に持っていき楽しんでいます。

・使いやすく片付けも簡単

豆と水を入れるだけで挽き立ての香り高いコーヒーが飲めるので大変便利。

紙フィルターもいらないし、豆も自動計量なので使いやすいです。

ポットはなぜか注ぎ口から全部出すことが難しいですが、最後の1杯はフタをとって注ぐとスムーズに注げます。