スティック掃除機の選び方、実力はダイソン、コスパ最強のマキタ

スティック掃除機で掃除をする女性 家電製品

・部屋の隅にホコリが目立つ

・テーブルの下にパンくずが落ちた。

・机の隅にホコリが溜まった。

・パソコンのキーボードの上にホコリが溜まってきた。

などということはありませんか。

掃除機をかけたいけど、キャスター付の大きな掃除機を持ってきて掃除することは手間がかかり意外と面倒くさいものですよね。

そんなときには、ハンディ掃除機とか最近大人気になっているスティック掃除機があれば便利です。

●2台目を選ぶならハンディ掃除機?スティック掃除機?

ちょっとしたところを掃除したいときは、小さい掃除機があれば持ち運びも手軽で掃除したいと思ったときにすぐできます。

小さい掃除機というと次のものが候補に上がります。

・ハンディ掃除機

充電式で邪魔なコードがない文字通りハンディな掃除機なので、車の中、ソファの上、机や棚の上などが手軽に掃除することができます。

機種によってはノズルアタッチメントが交換できるものがありますが、立ちながら床を掃除できるような長いアタッチメントはなく、小ぶりのタイプです。

・スティック掃除機

スティック掃除機は、従来の掃除機のような車輪やジャバラホースがない掃除機で、ハンディ掃除機に似ていますがスティック状に長いので、立った姿勢で床を掃除
することができます。

従来の掃除機は重くて、コードありですが、スティック掃除機はコードレスのものが多く、ハンディなので持ち運びが容易なのでパッと使いやすいのが特徴です。

しかも、ノズルアタッチメントを短いものに交換するとハンディ掃除機に早変わりするので、1台2役ができるものもあります。

2台目の掃除機をハンディ掃除機にしようか、スティック掃除機にしようかと迷っているなら、1台2役の2way方式のものを選ぶと両方に使えるので断然お得と思います。

●スティック掃除機は紙パックとサイクロン式がある、どっちがいいの?

2台、3台めの掃除機はスティック掃除機がよいと分かっても、ごみを吸い取って溜める方式には2通りがあります。

・紙パック式

従来の掃除機の多くは、紙パック式のものが多いのでお分かりかと思います。

この方法の掃除機は吸い取ったごみを紙パックに溜めるため、いっぱいになったら紙パックを交換する必要があります。

また、紙パックにごみが溜まってくると、ごみが空気による吸引力を邪魔するので吸い込みが悪くなります。

・サイクロン式

サイクロン式は新しい方式で吸い込んだごみを遠心力で空気と分離して、ごみをごみ入れ容器に落してきれいな空気を排出します。

ごみを空気と分離するので、フィルターが詰まりにくく吸引力が低下しにくいという特徴があります。

ごみ入れ容器に溜まったごみは、いつでも捨てることができます。

吸引力が低下してきたら、ごみ入れ容器やフィルターのお手入れが必要ですが、水洗いだけですむので簡単です。

紙パックが必要ないので、ランニングコストがかかりません。

サイクロン式は紙パック式に比べるとやや高い傾向はありますが、吸引力が高いことを優先するならサイクロン式、サイクロン式まで高価でなくコスパのいいものというなら紙パック式のものを選ぶことをおすすめします。

●スティック掃除機を選ぶにはどこがいい?

スティック掃除機のメーカはいろいろありますが、人気の2大ブランドは「ダイソン」と「マキタ」です。

ダイソンは、イギリスの電機メーカーでサイクロン式の掃除機を初めて開発・製造した会社です。

マキタは、日本のメーカーで電動工具でも有名ですが、業務用の掃除機も作っていて新幹線の清掃や家屋の建築現場などで高い評価を得ている会社です。

この他にも日立、シャープ、東芝、パナソニック、エレクトロラックス、ツインバード、アイリスオーヤマなどがあります。

・スティック掃除機を選ぶときのポイント

スティック掃除機を選ぶときのポイントは、

吸引力、稼働時間、騒音、重量です。

選ぶ時はスペックをよく確かめて、使う用途に合ったものを選びましょう。

●最強のスティック掃除機、Dyson Cyclone V10

人気、吸引力など最強のスティック掃除機といわれるのがダイソンです。

ダイソンスティック掃除機V10SV12FF

■商品スペック

メーカー型番:SV12FF

集塵方式:サイクロン式

標準ヘッドタイプ:パワーブラシ

電源:充電式コードレス

充電時間:3.5時間

外形寸法:136 x 312 x 245 mm (バッテリー含む)

本体質量:1.54 kg

サイクロン技術により強力な吸引力が何といってもダイソンの魅力です。

ダイソンを選ぶ人は、金額ではなくパワフルな吸引力を買っています。

何しろ実勢価格は66,000円程度ですので、手頃な国産のスティック掃除機を3台も買うことができる値段です。

稼働時間は、モータヘッド使用時で40分(パワーモード1)、20分(パワーモード2)、8分(パワーモード3)なので、かなり長い時間使うことができます。

パワーモードは3段階に設定できるようになっていますが、吸引力が強いため最も弱いパワーモード1でも十分なほどといわれています。

ダイソンは音がうるさいといわれたこともありますが、V8あたりから静かになったということで、静音性も高い評価となっています。

ダイソン サイクロン式スティッククリーナー V10 Fluffy ニッケル/アイアン/コッパー SV12FF

●電動工具の技術が光るマキタのスティック掃除機 CL108FDSHW

電動工具メーカーとして有名なマキタが開発・製造したスティック掃除機です。

マキタスティック掃除機CL108FDSHW

■商品スペック

メーカー型番: CL108FDSHW

集塵方式:カプセル式(不織布によるフィルター)

標準ヘッドタイプ:ノーマルヘッド

電源:充電式コードレス

充電時間:22分

外形寸法:956 x 110 x 150 mm (長さx幅x高さ)

本体質量:1 kg

アマゾンでは、売れ筋ランキングが上位のベストセラーとして人気があります。

何といっても重さは1kgしかありませんので、軽いということと、電動工具で培った交換バッテリーを採用しているのが特徴で、急速充電が可能(1回約22分)です。

連続使用時間は、パワフルで約10分、強で約12分、標準で12分です。

吸引力はDyson Cyclone V10では、標準で28Wとされていますが、マキタのCL108FDSHWはパワフルでは30W、強で20Wなのでパワーモードを強めに設定すると、ダイソンV10に迫るほどの力があります。

つまり、吸引力は価格以上の実力があるということでコスパが優れていることです。

実勢価格は14,000円程度ですので、ダイソンV10の4分の1の価格となりコスパ最強の掃除機ということができます。

ワンルームマンションや家庭内のちょっとしたところなら、これで十分掃除が可能です。

マキタ(Makita) 充電式クリーナ 10.8V バッテリー・充電器付 CL107FDSHW