ドライブレコーダーの選び方とおすすめの3選を調べました。

交通事故 カー用品

車を運転しているとき、例えば自転車を引きそうだったということはありませんか?

自転車はガードのある歩道を走っていたが、ガードが切れたところで後方は何も注意しないで突然歩道にでてきた。

後ろから走っていた車は、避けきれなくて自転車にぶつかってしまったとします。

幸運にも自転車の人は死亡しなかった場合、双方で事故時の認識が異なればおおいにもめますし、自転車は弱者扱いになるので車の方が不利になるケースもあります。

もし、相手が死亡したら相手の証言は聞けないので、運転手だけの証言となるので、車の運転手の方が不利な扱いになることは十分あり得ます。

こんな時事故時の状況を画像や音声で記録しておくことができるのが、ドライブレコーダーです。

今回は、ドライブレコーダーが必要な理由、ドライブレコーダーを選ぶときのポイントとそれに沿ったおすすめの3選を紹介します。

●ドライブレコーダーが必要な理由

冒頭での事例の対応を含め、ドライブレコーダーは必要な理由をまとめてみます。

・事故時の証拠が記録できる

自転車が突然車道に飛び込んできてぶつかってしまったときは、避けられるタイミングだったのか、どうしても避けられないタイミングだったのかで過失割合も違ってきます。

こんなケースではドライブレコーダーがあれば、事故時の状況が分かるので正しい判断ができることになります。

・あおり運転時の証拠や抑止力になる

リアカメラがついていれば、おり運転をしてくる車を記録することができるので、事故が起きた場合に損害賠償請求ができる証拠になります。

また、「ドラレコ搭載中」というステッカーもあるので、あおり運転の抑止力にもなります。

・安全運転の意識が高まる

ドライブレコーダーは事故時の状況が証拠として残るので、常に安全に意識して交通ルールを守っていないと、事故時は自分に不利な証拠が残ることになってしまいます。

もし、自分の信号無視で事故が起こったらそれが証拠になるのでなおさらです。

つまり、ルールを守っての安全運転が常に記録されるようになるので、自然に安全運転の意識が高まるのも大きなメリットです。

●ドライブレコーダーを選ぶ時の4つのポイント

ドライブレコーダーは、前節で説明した理由もあって人気商品となっています。

このため各社も続々と製品を作っていて、その種類もかなりあります。

中には買わないほうがいい商品もあるようなので、ドライブレコーダーを選ぶ時の4つのポイントを説明します。

・解像度が高い

事故時の状況や車周辺の状況が記録されていることが大事なので、例えば斜め前方の対向車のナンバープレートや遠くのビルの看板などがが読めるだけの解像度があれば十分です。

解像度がFull HD(1920×1080ピクセル)よりも大きい、スーパーHD画質(2304×1296ピクセル)やQUAD D(WQHD)(2560×1440ピクセル)のものを選ぶことをおすすめします。

・視野角

車周辺の状況は、ドライブレコーダーの視野角が大きければ大きいほど広い範囲を撮影することができます。

・昼間の映像

昼間の映像は逆光になると白飛びになりうまく写らない場合があります。

例えば、トンネル内の暗いところでは明るい部分が白飛びして何が写っているのか分からなくなってしまいます。

これを補正するためにHDR(ハイダイナミックレンジ)やWDR(ワイドダイナミックレンジ)機能がついているものをおすすめします。

この機能があると白飛びを防ぎ、見えやすい映像に補正してくれます。

・夜間の映像

昼間の映像は各社そう違いはありませんが、夜間の撮影では映像がはっきり写らないものもあります。

また、対向車のライトがあると回りが暗く潰れて(黒つぶれ)何が写っているのかが分からなくなる場合もありますので、HDR(ハイダイナミックレンジ)やWDR(ワイドダイナミックレンジ)機能がついているものをおすすめします。

この機能があると黒つぶれを防ぎ、見えやすい映像に補正してくれます。

●高評価のドライブレコーダー3選

ドライブレコーダーを選ぶ時の4つのポイントを満たす高評価のドライブレコーダーを調べてみました。

<昼夜とも画像がきれいなケンウッドDRV-830>

ケンウッドDRV-830

■商品スペック

・外形寸法:本体/ブラケット装着時(約mm):W87×H55/73×D35

・質量(重さ)(約g):110

・シガープラグケーブル長さ(約m):4

・最大記録画角(約):水平:132°、垂直:70°、対角:144°

・記録解像度(最大):2560×1440(動画最大約368万画素)

・電源電圧:DC14.4V(8.5~16V車)

・消費電流:210mA(最大450mA)

・microSDXCカードダブルスロット搭載

・フルハイビジョンの約1.8倍の情報量 3.7M記録再生のWQHD

業界トップクラスの高精細カメラ(WQHD:2560×1440ピクセル)を搭載しているので、画像がとてもきれいで車のナンバープレートなどの数字や文字もしっかり記録します。

逆光やトンネル出入り口で生じる白飛びや夜間時の街灯などによる黒つぶれを抑えるためにHDR(ハイダイナミックレンジ)で映像を処理しているので明瞭な映像を記録するので、ユーザーに人気となっています。

超広角レンズを使っているので、視野角は水平132°ありかなり広範囲に写りますので、記録用としては優れています

また、SDカードを2枚挿せるので、片方をバックアップとして使用でき長時間の録画が可能です。

・ケンウッド(KENWOOD) WideQuad-HD ドライブレコーダー DRV-830

<明るいレンズで高画質、パパゴのGOsafe34G>

パパゴのGOsafe34G

■商品スペック

・取付サイズ:L91x W55 x H46mm

・質量(重さ):95.3g

・シガープラグケーブル長さ:4m

・最大記録画角(約):水平:108°、垂直:60°、対角:140°

・記録解像度(最大):2560×1440

・電源:12/24V→5V/1A

・microSDHCカード32G標準付属

・フルハイビジョンを超える高画質の記録WQHD(2560×1440)

ケンウッドDRV-830と同様高画質WQHDを採用しているので、昼でも夜でも明るく高画質な映像なのでナンバープレートなどもはっきり分かります。

撮影は1400万画素のCMOSセンサーを使用。

逆光やトンネル入り口付近での白飛びや夜間の街灯などによる黒つぶれを補正するためのHDR(ハイダイナミックレンジ)機能を持っています。

F1.9の明るいレンズで広角レンズなので、視野角は水平108°の高範囲が撮影できます。

ケンウッドDRV-830とほぼ同程度の性能で、実勢価格は2万円を切っているのでコスパがよいといえます。

・パパゴ(Papago) オールインワン ドライブレコーダー GoSafe 34G 高画質 WQHD GS34G-32G

<駐車監視機能が標準装備、オウルテックOWL-DR06-BK>

OWL-DR06-BK

■商品スペック

・取付サイズ:W88x D36 x H48mm

・質量(重さ):74g

・シガープラグケーブル長さ:4m

・最大記録画角(約):水平:113°、垂直:60°、対角:135°

・記録解像度(最大):2304×1296

・電源:12/24V→5V/1A

・microSDHCカード16Gが付属

・超高画質なスーパーHD (2304×1296)

310万画素のCMOSセンサーを使用しており、スーパーHD(2304×1296)なので昼も夜もはっきりとした映像を撮ることができます。

良く晴れた日では逆光による白飛び、夜間では街灯などでの黒つぶれが生じやすいですがHDR(ハイダイナミックレンジ)機能があるので、自然な状態で撮影できます。

オプションなしで最大5日間の駐車監視機能がついているのが、上記2機種と違うところ。

内蔵バッテリーにより電源がオフの状態でも、振動の有無を監視して振動があると自動で録画します。

共同の駐車場での当て逃げや車上荒らしを心配する方にはうれしい機能です。

・オウルテック GPS付き スーパーHD 超高解像度 超広角135° ドライブレコーダー ブラック OWL-DR06-BK