osusumegoods10

全自動コーヒーメーカー おすすめ

コーヒーメーカーミル付き全自動、象印EC-RS40とシロカSC-C122を比較してみた。

象印のコーヒーメーカーは、安くても基本的な機能はしっかり押さえているのでコスパがいいことが定評です。 象印の珈琲通シリーズの最上位にあたるミル付き全自動コーヒーメーカーEC-RS40は、どんな機能が盛り込まれているか気になるところ。 この機種とほぼ同クラスのシロカSC-C122と比較してみました。
コーヒーメーカー

コーヒーメーカー、象印EC-AS60、6杯用はメッシュフィルターが可能

象印のコーヒーメーカー珈琲通シリーズは、機能対コストの関係で評価されるコストパフォーマンスがよいことで定評があるので、ファンの方もいるのではないかと思います。 少し容量が大きめで、メッシュフィルターと紙フィルターの両方を使いたいという方のために、象印6杯用EC-AS60のメリットや口コミを紹介。
コーヒーメーカー

コーヒーメーカー、象印、珈琲通 EC-TC40はコスパ抜群でビックリ!

コーヒメーカー、象印、珈琲通EC-TC40は基本的な機能性だけをしっかり押さえたシンプルでコンパクトな商品です。 1~4杯まで一度に抽出でき、フィルターとサーバーが一体型なのでとても使いやすく、その上浄水フィルターもついていて、保温のヒーターもついているんですよ。 コスパ抜群のEC-TC40を紹介します。
全自動コーヒーメーカー おすすめ

コーヒーメーカー、ミル付き無印良品のMJ-CM1はハンドドリップを再現!

無印良品のミル付き全自動コーヒーメーカーMJ-CM1は、発売当初爆発的にヒットして入手できるまで数ヶ月待ちという機種でした。 人気の秘密はプロのハンドドリップを再現したことにあるといわれています。 プロのハンドドリップはどんなことか、MJ-CM1の斬新的な機能も含めて調べてみましたので紹介します。
全自動コーヒーメーカー おすすめ

コーヒーメーカーミル付き全自動ほか、パナソニックを比較してみた

パナソニックのミル付き全自動コーヒーメーカーといえば、いつも売れ筋ランキングの上位に上がっているNC-A56です。 なので、その他にどんなものがあるのかを調べてみたら、全部で4つの機種がありました。 購入を検討している方のために、これらの4つの機種にはどんな違いがあるのかを比較してみました。
コーヒーメーカー

コーヒーメーカー、10杯、ステンレスポット3選

大人数の家庭や職場で使うコーヒーメーカーは、少なくとも10杯以上は一度に抽出できないと面倒かと思います。 また、一度に多く抽出するとどうしても全部飲み切るまでの保温が必要になってきます。 そんな方のために、一度に10杯抽出できて保温が効くステンレスポットタイプのコーヒーメーカー3選の紹介です。
全自動コーヒーメーカー おすすめ

コーヒー豆の美味しい挽き方とは!?

コーヒーの味と香りは、コーヒー豆の挽き方や抽出方法によってもずいぶん違ってきます。 なので、いままでとは違った挽き目のコーヒーにしてそれに合った抽出方法でコーヒーを淹れてみるのも楽しいと思います。 コーヒー豆を美味しく挽くために、挽き目の種類と抽出方法に適した挽き方を紹介します。
コーヒーメーカー

コーヒーメーカー、メリタのツイストSCG58-1-Sは新機能搭載でさらに美味しく!

コーヒーをドリップ式で淹れるとき、淹れ始めと淹れ終わりでは味に違いがあることをご存知ですか。 メリタのコーヒーメーカーツイストSCG58-1-Sは、ここに着目して抽出したコーヒーをかき混ぜる機能を搭載しています。 コーヒーを自然に美味しく淹れるツイストを紹介します。
コーヒーメーカー

コーヒーメーカー メリタSKG56は、ベストな味と香りを抽出!

メリタの1つ穴フィルターでコーヒーを淹れて楽しんできた方も多いのではないでしょうか。 ハンドドリップではお湯の温度の違いなどで同じように淹れたつもりでも、味に違いができてしまいます。 これをコーヒーメーカーにしたのが、メリタのエズSKG56です。 今回はベストな味と香りを抽出するメリタSKG56を紹介
コーヒーメーカー

メリタのコーヒーメーカーステンレスタイプ、ノア(NOAR)SKT54の魅力とは!?

1つ穴フィルターでのコーヒーの抽出といったら、”メリタ”といえるくらいにメリタ式は有名でコーヒー通の方に愛されてきました。 この方式をそのままコーヒーメーカーにしたのがメリタのコーヒーメーカー、ノア(NOAR)SKT54です。 人気となっているノア(NOAR)SKT54の魅力をまとめてみました。