タイガー魔法瓶コーヒーメーカー「ACE-V080KM」の口コミ

コーヒーメーカータイガーACE-V080KM コーヒーメーカー

魔法瓶や炊飯ジャーなどで有名なタイガーは、コーヒーメーカーも作っています。

タイガーのコーヒーメーカーは、比較的評価が高く売れ筋の商品です。

中でも、機能や実用性を含めてアマゾンでベストセラーに輝いたコーヒーメーカーACE-S080KQの後継機種であるACE-V080KMは、人気の商品です。

容量が約1Lと大きく8杯分を淹れることができるので、頻繁にコーヒーを飲む方や朝コーヒーを淹れてポットに詰めて職場にも持っていく方などに重宝されています。

ACE-V080KMの口コミや人気になっているポイント、前機種との違いを紹介します。

●タイガーコーヒメーカー「ACE-V080KM」の口コミ

コーヒーメーカーACE-V080KM

タイガー魔法瓶 コーヒーメーカー ACE-V080(KM)

タイガーコーヒメーカー「ACE-V080KM」は、2021年8月21日に発売されたばかりなので、口コミは調査中です。

全機種ACE-S80KQとACE-V080KMとの違いは、次の章で詳しく紹介しますが、機能面の違いは2点だけですので、ベストセラーであったACE-S80KQの口コミがどうであったか説明していきます。

8杯分の大容量で使いやすい

使いやすい

今使っているものと同じモノですが、壊れてしまったので買い換えです。
一度に8杯作れるのが魅力で、使いやすかったし、お水を入れるタンクが取り外せて洗えるのも衛生的にも良かったので同じものを探していたら、前回買った時より安いモノを見付けたので即購入です。

引用:楽天市場

 

地味な心遣いが嬉しかった

在宅ワーカーで、心置きなくマグカップで何杯も飲みたくて購入しました。

これまでは、ラッセルホブズの5杯用で淹れていましたが、旦那様と私がマグカップで2杯ずつ飲むこともかなわず…。
手狭過ぎるので、大容量のものをと探したら、希望の容量はまずこのタイガーのみ。

しかも、他の8~10杯用より安いので、もうこれしかないなという感じでした。

漏れが発生するというレビューを見て、ちょっと心配でしたが、当たりはずれなんじゃないでしょうか。

我が家のは、今のところ全く問題ないようです。
数年使って限界が来たとしたら、それは寿命と割り切ってもよいお値段と思います。

耐久性があるに越したことはないですが、所詮はプラスチック製品で、熱湯を使うものですから…
いつかは必ず老朽化するのは仕方のないこと、と思わないと、プラ製品は使えません。

個人的に、地味にうれしかったのは梱包でビニールにくるまれていたり、コードやなんかを束ねてある固定テープが端っこを折り曲げて、つまめるようにしてくれてあったことです。

テープが「固定してるんだから文句ないでしょ」とばかりにベタ貼りだと、はがすのも大変だし、梱包を解くのが億劫になるので。
こういうのは、たとえ安価提供でも、さすがは国産メーカーかなと思います。

地味な気遣いがあるなしで、メーカーに対する印象って変わりますね。

引用:アマゾン

真空断熱ステンレスサーバーが魅力

元々こちらを使用してまして、あちこち劣化が見えそろそろ買い替えを、と検討してたのですが、6カップ以上抽出可能、サ-バ-はステンレスとなるとこれがいちばんかな?と。

引用:楽天市場

 

ステンレスポット限定で選んでみました
今まで使用していたコーヒーメーカーのポットが洗っている時に割れて今回購入となりました。

今回の買い替えのポイントはステンレスのポットを選ぶ事。

いくつか候補があがりましたが、ポットの大きさ、ミルのある・なし、部品の洗いやすさなどあらゆる角度からみて、こちらタイガーの製品に決定。

今は夏、アイスコーヒーを早速作っていますが、操作は簡単、珈琲の抽出もお湯を足すタイミングなど自動なので今まで以上に美味しいコーヒーが作れてる気がします。

息子も自らコーヒーを立ててくれるようになり、とっても助かっています。

引用:楽天市場

●タイガーコーヒーメーカーACE-V080KMの主な仕様と機能

製品項目仕様詳細
本体サイズ(高さ×幅×奥行)34.5×28.0×17.4(cm)
本体重量2.7kg
容量(ドリップ時最大カップ数)7~8杯
容量(タンク)1.08L
抽出タイプドリップ式
フィルタータイプペーパー
サーバータイプステンレス(真空断熱)
着脱式タンクあり
使用するコーヒー種類挽き豆
ミル機能なし
濃度選択有(マイルド、ストロング)
浄水機能なし
タイマーなし
消費電力750.0W
付属品カップスタンド、計量スプーン、ペーパーフィルター

 

ACE-V080KMは最大8杯分のコーヒーが作れるのが人気の一つで、それでいて1杯のドリップバッグも使えるのがいいところ

また、真空断熱ステンレスサーバーは、割れない、保温が効くというところも人気で、低価格ながら機能が充実しています。

魔法瓶メーカーの技術がよく反映されていると思います。

もう少し詳しくみてみましょう。

しっかり蒸らしてコーヒーの旨味を抽出

注ぐお湯の量と時間はマイコンで制御し、お湯を少し注いでからじっくり蒸らします。

その後、まんべんなくお湯を注ぐので蒸らして引き出した旨味をしっかり抽出します。

つまり、ハンドドリップの流れをマイコンで制御しているってわけです。

好みに合わせて選べる4つの抽出コース

ACE-V080KM4つの抽出コース

コーヒーの濃さについては、「マイルド」と「ストロング」が選べます。

また、夏にはうれしい「アイスコーヒー」のコースもあります。

事前にサーバーに氷を入れておくことで、抽出と同時に冷やして冷たいアイスコーヒーがすぐに飲めるというわけ。

「ストロング」を選ぶと抽出に多少時間がかかるというコメントもありますが、濃く出すにはやはり時間が必要。

好みの味が飲めるのなら、あまり気になりません。

また、前機種の3つのコースに加えて、1杯で楽しむドリップパック専用コースも用意されています。

前述のマイコンによる深蒸しとまんべんなくお湯を注ぐシャワードリップが生きてきます。

保温がきく真空ステンレスサーバー

ace_s080_真空ステンレスサーバー

ガラスポットに比べると真空ステンレスポットの保温力はすごい、ずっと温かさが続きます。

30分や1時間では全然熱いですし、数時間は温かいですよ。

ヒーターで加熱しないため、煮詰まらないし省エネです。

さすが、魔法瓶メーカーだけあって断熱真空ステンレスサーバーは素晴らしいです!

深リブフィルター

ACE-V080KMの深リブフィルター

リブが深いのでペーパーフィルターとフィルターケースの間に隙間ができ、しっかり蒸らすことができるため雑味の少ないまろやかなコーヒーができ上がります。

●コーヒーメーカー ACE-V080KMのお手入れ方法

手入れが簡単

水タンクやコーヒーフィルターをセットする所も外せて、丸洗いできるので手入れが簡単なのがいいですね。

真空断熱ステンレスサーバーは汚れやにおいがつきにくい

空断熱ステンレスサーバーの内側は、汚れやにおいがつきにくいように内面加工がされているので、助かります。

分解できる真空断熱ステンレスサーバーのふた

魔法瓶になっているサーバーのふたって、汚れが落ちにくいものもありますが、この真空断熱ステンレスサーバーのふたは分解し洗えるので、 きれいに使えるのがいいです。

●コーヒーメーカーACE-V080KMとACE-S080KQの違い

コーヒーメーカーACE-V080KMと前機種ACE-S080KQとの違いはどこにあるのかを説明しますと、次の3点です。

抽出コースにドリップバッグ専用コースが追加

ACE-V080KMドリップバッグ

コーヒーを1杯だけ手軽に飲みたいって時があるかと思いますが、それを実現したのがこのコース。

自分で沸かしたお湯を入れて、蒸してからさらに注ぐという方法でできますが、このコースを使うと、給水タンクに水を入れてボタンを押すだけで再現性の高い美味しいコーヒーが淹れられます。

ドリップバッグは、フック式と上置き式とがありますが、どちらのタイプも使えます。

また、背の低いコーヒーカップも使えるように、カップスタンドもついています。

マイボトルに直接ドリップ可能

ACE-V080KMマイボトルへの直接ドリップ

携帯用のマイボトルにコーヒーを入れて持ち運びたいときがありますが、従来はサーバーにいったん入れてから、マイボトルに入れ替えする方法しかできませんでした。

ACE-V080KMでは。マイボトルに直接ドリップしたコーヒーを入れることができます。

せんを外した本体の高さが約17cm以下のマイボトルに対応します。

小さいマイボトルでも、カップスタンドが付属しているので、利用できます。

カラーはスモーキーブラック

本体部のアクセントカラーは、前機種ではカフェブラックでしたが、ACE-V080はスモーキーブラックです。

コーヒーメーカーACE-V080KMは、こんな方におすすめです。

・最新の上位機種を使ってみたい

・ドリップバックを使うことが多く、手軽に淹れたい方

・マイボトルでコーヒーを持ち運びたい方

上記3つに必ずしも合っていないという方は、従来のACE-S080KQでも問題ありませんが、生産が終了しているので、在庫限りの販売となります。

その分価格が安くなっていますので、今ならお得な商品です。