コーヒーメーカー

タイガー「ACE-S080」コーヒーメーカーの口コミは?

魔法瓶や炊飯ジャーなどで有名なタイガーは、コーヒーメーカーも作っています。 タイガーの公式サイトで確認すると、2019年現在で6種類の製品がラインナップされています。 今回紹介するのは、機能や実用性を含めて売れ筋のコーヒーメーカ...
電動アシスト自転車

シニア向けにおすすめの軽い電動アシスト自転車

・いままでの電動アシスト自転車は重くて、坂道を押して上るのが大変 ・免許証を返納したので、替わりの足として電動アシスト自転車が必要 ・自転車では体力的につらくなってきた 最近、こんな理由で電動アシスト自転車を利用する方が増...
コーヒーメーカー

コーヒードリッパーの種類、メリタはどんな味なの!?

コーヒーをハンドドリップで淹れるときに必ず使うのが、コーヒードリッパーです。 ドリッパーにコーヒー粉を入れて、お湯を注ぐだけで誰でも簡単にコーヒーが淹れることができるので非常にポピュラーな器具です。 コーヒードリッパーにもたくさ...
コーヒーメーカー

ペーパードリップコーヒーの淹れ方、美味しく淹れるには

家庭でコーヒーを飲みたいと思ったとき、最も簡単な器具で初心者にも簡単に淹れることができるのがペーパードリップです。 淹れるのは簡単ですが美味しく淹れるにはちょっとしたコツをつかんでおくことが大切です。そのコツを紹介します。
コーヒーメーカー

コーヒーを簡単に淹れる方法、ドリップバッグで美味しく淹れるには!?

コーヒーメーカーもいいが忙しい時はもっとコーヒーを簡単に淹れる方法がないものかと思いませんか。 一見インスタントのような感じもしますが、意外とあなどれないのがドリップバッグのコーヒーです。 これで本格的なコーヒーが手軽に飲めるんです。 今回は、ドリップバッグで美味しく淹れる方法を紹介します。
コーヒーメーカー

コーヒーメーカーミル付き全自動、象印EC-RS40とシロカSC-C122を比較してみた。

象印のコーヒーメーカーは、安くても基本的な機能はしっかり押さえているのでコスパがいいことが定評です。 象印の珈琲通シリーズの最上位にあたるミル付き全自動コーヒーメーカーEC-RS40は、どんな機能が盛り込まれているか気になるところ。 この機種とほぼ同クラスのシロカSC-C122と比較してみました。
コーヒーメーカー

コーヒーメーカー、象印EC-AS60、6杯用はメッシュフィルターが可能

象印のコーヒーメーカー珈琲通シリーズは、機能対コストの関係で評価されるコストパフォーマンスがよいことで定評があるので、ファンの方もいるのではないかと思います。 少し容量が大きめで、メッシュフィルターと紙フィルターの両方を使いたいという方のために、象印6杯用EC-AS60のメリットや口コミを紹介。
コーヒーメーカー

コーヒーメーカー、象印、珈琲通 EC-TC40はコスパ抜群でビックリ!

コーヒメーカー、象印、珈琲通EC-TC40は基本的な機能性だけをしっかり押さえたシンプルでコンパクトな商品です。 1~4杯まで一度に抽出でき、フィルターとサーバーが一体型なのでとても使いやすく、その上浄水フィルターもついていて、保温のヒーターもついているんですよ。 コスパ抜群のEC-TC40を紹介します。
コーヒーメーカー

コーヒーメーカー、ミル付き無印良品のMJ-CM1はハンドドリップを再現!

無印良品のミル付き全自動コーヒーメーカーMJ-CM1は、発売当初爆発的にヒットして入手できるまで数ヶ月待ちという機種でした。 人気の秘密はプロのハンドドリップを再現したことにあるといわれています。 プロのハンドドリップはどんなことか、MJ-CM1の斬新的な機能も含めて調べてみましたので紹介します。
コーヒーメーカー

コーヒーメーカーミル付き全自動ほか、パナソニックを比較してみた

パナソニックのミル付き全自動コーヒーメーカーといえば、いつも売れ筋ランキングの上位に上がっているNC-A56です。 なので、その他にどんなものがあるのかを調べてみたら、全部で4つの機種がありました。 購入を検討している方のために、これらの4つの機種にはどんな違いがあるのかを比較してみました。