パナソニック ギュットクルームEXとDXの違いを比較、おすすめはどっち?

電動アシスト自転車
本ページはプロモーションが含まれています。

パナソニックのギュットクルームEXとDXは、人気の子供乗せ電動アシスト自転車ですが、ギュットクルームだけでもその他にREXとRDXがあり計4機種があります。

機種が多いと結局自分に合うのはどれだろうと、迷ってしまうことはありませんか?

この記事では先ず、パナソニックギュットクルームEXとDXについて違いを比較し、おすすめはどっちかをお伝えします。

ギュットクルームREXとRDXの違いについては、別の記事で比較していきたいと思います。

ギュットクルームEXとDXの違いを比較してみたところ、大きな違いは次の3つでした。

  • ラクイックという機能の搭載の有無
  • 後部のリフレクターの違い
  • 価格の違い

大きく違うのは、電源ボタンを押すだけで後輪サークル錠が自動で開錠されるラクイック機能の搭載の有無です。

その他は後部のリフレクターに少しの違い、価格の違いがありますが、その他の性能や仕様は、ギュットクルームEXとDXとはほぼ変わりません。

本文にて詳しくお話ししますね♪

この記事を読むことによって、パナソニックのギュットクルームEXとDXの違い、スペックや価格がどう違うかの詳細が分かります。

▼ギュットクルームEX(ラクイック機能有)の詳細はこちら👇

▼ギュットクルームDX(ラクイック機能無)の詳細はこちら👇

パナソニックのギュットクルームEXとDXとの違いを比較

パナソニックのギュットクルームEXとDXの違いは以下の3つです。

  • ラクイックという機能の搭載の有無
  • 後部のリフレクターの違い
  • 価格の違い

違いについて、一つ一つ解説していきますね。

ラクイック機能搭載の有無

ラクイックとは、鍵をバッグやポケットに入れておき、手元スイッチの電源を入れると後輪のサークル錠が自動で開錠する機能です。

ギュットクルームEXは、ラクイック機能が搭載されています。

この機能は、鍵を探したり、差し込んだりする手間を省くことができますので、お子さまの保護などで手がふさがっていても、ラクに開錠できます。

ギュットクルームDXは、ラクイック機能が搭載されていません。

後部のリフレクターの違い

ギュットクルームEXは、後部のリフレクターが「ソーラーオートテール4」と呼ばれるものがついています。

「ソーラーオートテール4」とは、太陽光で充電し、暗くなると自動で点滅、リフレクター周りを発光させるもので、遠くからでも見やすくなっています。

ギュットクルームDXは、一般的に使用されているリフレクターで、発光して点滅するものではありません。

価格の違い

ギュットクルームEXは上位モデル、ギュットクルームDXはスタンダードモデルの位置づけで、仕様の上で上位になっているので、価格に違いがあります。

メーカー希望小売価格での差は、17,000円ギュットクルームEXの方が高くなってます。
(2023年12月1日調べ)

その他の性能や仕様は、ギュットクルームEXとDXでほとんど変わりません。

どちらも、カルパワードライブユニットという軽量モーターを搭載しており、快適な乗り心地を提供します。

また、チャイルドシートには日除けが付いており、お子さんの頭を紫外線や暑さから守ります。

なので、この機能が必要かどうかで、モデルを選ぶことができます。

▼ギュットクルームEX(ラクイック機能有)の詳細はこちら👇

▼ギュットクルームDX(ラクイック機能無)の詳細はこちら👇

パナソニックのギュットクルームEXとDXどっちがおすすめ

ギュットクルームEXはこんな人におすすめ

  • 開錠の時も子どもの手を引いていたい人
  • 買い物などの荷物が多い人
  • できるだけ手軽に開錠したい人
  • 後部のリフレクターは点滅した方がいい人

ギュットクルームDXはこんな人におすすめ

  • 開錠の時子どもの手を引かなくていい人
  • 荷物が多くない人
  • 開錠に面倒を感じない人
  • 価格を優先したい人
  • 後部のリフレクターは点滅しなくてもいい人

ギュットクルームEXは、手元のスイッチを押すだけで、後輪のサークル錠を開錠できる電子キーなので、子どもの手を引くときや雨の日など手がふさがっているときでも手軽に開錠したい人におすすめ。

また、後部のリフレクターは点滅した方がいいと思う人にもおすすめです。

ギュットクルームDXは、価格を優先したい人、サークル錠の開錠に面倒を感じない人におすすめです。

また、後部のリフレクターの点滅にはあまりこだわらないという人におすすめ。

★ギュットクルームDXの詳細については、こちらの記事も参考になります。↓

ギュットクルームDXの口コミ評判は?チャイルドシートは?後ろ乗せもできる?

▼ギュットクルームEX(ラクイック機能有)の詳細はこちら👇

▼ギュットクルームDX(ラクイック機能無)の詳細はこちら👇

パナソニックのギュットクルームEXとDX、共通の機能や特徴

パナソニックのギュットクルームEXとDXの共通の機能や特徴は、以下のようになります。

クルームシートでお子さまも快適な乗り心地

どちらも前に子どもを乗せるモデルで、クルームシートというチャイルドシートが標準装備されています。

このシートは、コンビとの共同開発で、お子さまの乗せ降ろしや快適な乗り心地を実現しています。

シートクッション、サンシェード、メッシュフットカバーがついていて、快適なチャイルドシートです。

カルパワードライブユニットで快適なアシスト力

どちらの電動アシスト自転車にもカルパワードライブユニットという動力源を搭載していますので、快適で力強いアシスト力があります。

このユニットは、踏力に応じて最適なアシスト力を発揮し、坂道や子どもを乗せていてもスムーズに走行できます。

パワフルなアシスト力なのに軽量化されたユニットとして定評があります。

スタピタ2Sでハンドルが固定され、安全駐輪

スタピタ2Sという機能を備えており、スタンドを立てると同時にハンドルが固定されます。

これにより自転車が倒れにくくなり、安全に駐輪できます。

放熱フィン付ローラーブレーキ採用で制動性能が高く、安心

従来品に比べて制動性能がアップしているので、ギュッとよく止まることができます。

電動アシスト自転車に限らず、ブレーキが甘いほど危険なことはありませんが、ギュットクルームは制動性能がよく、車輪径も20インチですので安心して乗れます。

おしゃれなカラーバリエーションから選べる

おしゃれなカラーバリエーションがあり、お好きなものが選べます。

自分の好きな色に乗ると、心も楽しくなりますよね。

カラーの種類ギュットクルームEXギュットクルームDX
[艶消し]G:マットモスグリーン
[艶消し]N:マットモスグレー
R:レッドオーカー
[艶消し]T:マットオーツベージュ
V:ディープエメラルドブルー 
[艶消し]V:マットネイビー 
V2:ディープエメラルドブルー 

ギュットクルームEXは5色の中から、ギュットクルームDXは6色の中からお好きな色が選べます。

ギュットクルームEXには、[艶消し]V:マットネイビーがありません。

▼ギュットクルームEX(ラクイック機能有)の詳細はこちら👇

▼ギュットクルームDX(ラクイック機能無)の詳細はこちら👇

パナソニックのギュットクルームEXとDXの違いを比較、おすすめはどっち?のまとめ

パナソニックのギュットクルームEXとDXの違いについてまとめました。

両者の違いは、次の3つです。

  • ラクイックという機能の搭載の有無
  • 後部のリフレクターの違い
  • 価格の違い

ギュットクルームEXは、ギュットクルームDXの上位モデルで、ラクイック機能といって、手元スイッチの電源を入れると後輪のサークル錠が自動で開錠する機能がついています。

また、ギュットクルームEXは後部のリフレクターが点滅するようになっていて、遠くからも良く見えるようになっています。

これらの違いがあまり気にならない方は、スタンダードモデルのギュットクルームDXがおすすめです。

後輪のサークル錠が自動で開錠できる方が便利という方は、ギュットクルームEXをおすすめします。

ギュットクルームEXとDXには、コンビと共同開発した快適なチャイルドシートが標準装備しています。

また、モーター「カルパワードライブユニット」が搭載されていて、坂道や荷物があるときもパワフルでスムーズにアシストしてくれることには変わりはありません。

参考になれば嬉しいです。

▼ギュットクルームEX(ラクイック機能有)の詳細はこちら👇

▼ギュットクルームDX(ラクイック機能無)の詳細はこちら👇