タイガーコーヒーメーカーACT-E040の口コミ

タイガーACT-E040 コーヒーメーカー

タイガーのコーヒーメーカーは、さすが魔法瓶のメーカーだけあって魔法瓶のステンレスサーバーが魅力です。

ガラス製と比べて割れないし、加熱保温しなくても冷めにくく、しかもアイスコーヒーにも使えるので、この点をコーヒーメーカーを選ぶときのポイントの一つにする方もいらしゃいます。

タイガーのコーヒーメーカーで魔法瓶のステンレスサーバーを使った機種は、ACT-E040(1~4杯用)とACE-V080(8杯用)の2機種です。

ACT-E040は現在アマゾンでベストセラーになっていますし、ACE-V080の従来機ACE-S080もアマゾンでベストセラーの商品となっています。

この記事では、ACT-B040の後継機種であるACT-E040の口コミ・評判、おすすめのポイントを紹介します。

●タイガーコーヒーメーカーACT-E040の口コミ・評判

ドリップの3WAYが可能

余しがちな頂き物ドリップバッグやドリップポッドも、使えるということで購入。

事実ドリップバックは、これで淹れた方が何故か美味しい。
レギュラードリップも、タイガー魔法瓶のブランド力でいつまでも熱いまま飲める。

ストロングとマイルド選択スイッチ有り、必要な方には便利かもね。

個人的にはもっとシンプルでも良いかなと思いますが、妻はドリップバックの湯を沸かし注ぐ手間がなく気に入っているようで、何より消化できるのが最高とのこと。

ひとつだけ、高さが34cm程あるのは圧迫感ありとは妻の弁^^;
とても安くなっていたので購入ですが、人気かマイナーチェンジかどんな理由か納品に一ヶ月半掛り、その間何度かお詫びとキャンセル受付可のメールを頂いていましたが、急いでいるわけでもなし、良しとしました^^;

引用:楽天市場

 

お気に入り
使っていた魔法瓶タイプのコーヒーメーカーで淹れるコーヒーの匂いに疑問を感じ始め買い換えです。

4杯で足りるかな…と不安でしたが、濃いめに淹れてミルクを足すので在宅ワークのお供としては十分でした。

色んなモードがありますがコーヒーバッグはめんどくさくて結局普通のドリップにしか使ってません。。

部品がほぼ全部分解洗浄できるのは心強いですね!臭い予防にもなりそう。デザインも優雅で大きさの割りに圧迫感はありません。いい買い物をしました。

引用:楽天市場

 

マグボトルに直接淹れることができていい

毎朝マグボトルにコーヒーを淹れて出勤するため、マグボトルに直接コーヒーを淹れることができる
こちらを購入。
洗い物が減り便利です。
基本1人分のみを淹れることが多いので、場合によってカップや保温ポットと使い分けられるのはとても良いです。

保温ポットの保温性は良いですが、蓋を外さないと最後の一滴まできれいに注げない点と、洗いにくさ(上側)は少し残念。

あと稼働音がなかなか騒音。部屋中にかなり響きます。

それらを除けば、あとはわたしの生活スタイルに合ったコーヒーマシンで気に入っています。

引用:アマゾン

●タイガーコーヒーメーカーACT-E040の仕様と機能

タイガーコーヒーメーカーACT-E040
タイガー魔法瓶 コーヒーメーカー クリームホワイト ACT-E040(WM)

 

タイガーコーヒーメーカーACT-E040の主な仕様は下表のようになります。

製品項目仕様詳細
本体サイズ(高さ×幅×奥行)34.2×18.1×27.9(cm)
本体重量3.2kg
容量(ドリップ時最大カップ数)1~4杯
容量(タンク)0.54L
抽出タイプドリップ式
フィルタータイプペーパー
サーバータイプステンレス(真空断熱)
着脱式タンクあり
使用するコーヒー種類挽き豆/
ドリップバッグ/
ドリップポッド
ミル機能なし
濃度選択有(マイルド、ストロング)
浄水機能なし
クリーニング機能あり
タイマーなし
消費電力10000W
付属品計量スプーン、ペーパーフィルター

 

タイガーコーヒーメーカーACT-E040のおすすめのポイントは次の3点になります。

3つの違った抽出ができる

タイガーACT-E040_3way

ミル付き全自動コーメーカーかミル単体機を持っていて、飲む度に豆から挽いて飲むコーヒーが一番旨く飲めると思います。

挽いた豆を使う時は、保存期間をできるだけ短くして飲まないと香りや味がどんどん劣化していきます。

そんな場合、ドリップバッグやドリップポッドで香り高いコーヒーを飲んでみたいと思ったことはありませんか。

コーヒーメーカーACT-E040は、一般的なレギュラードリップの他にドリップバッグやドリップポッドも使用することができます。

スチーム蒸らしが決め手

タイガーACT-E040スチーム蒸らし

通常の蒸らしは、コーヒー粉にお湯を注いで蒸らしますが、お湯をかけた位置によってはお湯の行き渡りにムラができます。

そんな欠点を改善したのがタイガー独自のスチーム蒸らしです。

スチームがコーヒー粉全体に行き渡るように設計されているので、粉の中にあるガスが抜かれ、お湯がコーヒー粉と馴染みやすい状態になり、コーヒーのおいしさをしっかり抽出することができます。

レギュラードリップとドリップポッドはこの方式で蒸らします。

ドリップバッグでは、適切なお湯の温度と湯量、適切な蒸らし時間で抽出しますので再現性のあるおいしさを引き出せます。

レギュラードリップでも1杯分をカップに直接抽出

タイガーACT-E0403way

レギュラードリップの場合でもサーバーを使うことなく、カップに直接1杯分を抽出できるようになりましたので、気軽に1杯が楽しめます。

上記3点の他にも魔法瓶方式の真空ステンレスサーバーも大きな魅力ですよね。

魔法瓶構造なのでヒーターで加熱しなくても保温ができ、煮詰まりを防ぐことができます。

真空ステンレスサーバーを置くトレイは、高さ調整ができサーバー以外にもボトルやコーヒーカップを置いて直接抽出することもいいところです。

●コーヒーメーカーACT-E040とACT-B040の違い

コーヒーメーカーACT-E040と前機種ACT-B040との違いはどこにあるのかを説明しますと、次の2点です。

抽出方法がカフェポッドからドリップバッグへ変わった

前機種ACT-B040は、カフェポッドの抽出ができましたが、より一般的に普及しているドリップバッグに変更され使い勝手が改良されています。

クリーニング機能の追加

前機種ACT-B040には、クリーニング機能がありませんでしたが、クリーニング機能が追加されお手入れがしやすくなりました。

●お手入れ方法

水タンクは本体から脱着できるため、蛇口からの直接給水や洗浄もしやすくなっています。

前項でも説明したように、水の通路はクリーニング機能で洗浄できるので、お手入れも楽です。

タイガーACT-E040パーツ分解.

また、構成パーツは簡単に取り外せる構造になっているので、水アカやコーヒーかすなどが付着しないようにこまめにお手入れが可能です。

 

さらに、真空ステンレスサーバーの内面は、内面加工がされて鏡面仕上げになっていますので、汚れやニオイもつきにくくなっています。

●タイガーコーヒーメーカーACT-E040の口コミのまとめ

以上より、コーヒーメーカーACT-E040Kは、次のような方に向いています。

・コーヒー粉の他にドリップバッグやドリップポッドも抽出したい方

・手軽にコーヒーを淹れることができ、1杯でも抽出できるものを探している方

・真空ステンレスサーバーに魅力を感じている方

・最新の上位機種を使ってみたい

コーヒーメーカーACT-E040を安く買えるショップはこちら↓

ドリップバッグやクリーニング機能はなくても、低価格でドリップコーヒーを楽しみたいという方は従来機種も購入できます。

従来機種のACT-B040を安く買えるショップはこちら↓